面白い形の手作り家具

「ガルバリウム波板(棟用)」を使用すると、面白い形の3段棚を作ることができます。
この波板はホームセンターなどで販売していて、小屋、住宅などの屋根や外壁にも使用されているものです。
この家具の完成後には、グリーンを飾ったり雑誌を収納したりして楽しむことができます。
材料lは、厚さ1・8センチのパイン材と、厚さ1・5センチの杉材を使うようにします。
作り方ですが、脚板の上部は、屋根の勾配に合わせて、外側になるほうを20度の位置でカットし、下部は飾り切りで斜め15度にカットします。
脚板4本の下から25センチ、95センチのところに印を付けておきます。
箱の横板三つ分と箱の縦板三つ分を組み合わせて、木工接着剤で付けます。
四方を木ねじでとめて、箱枠を3個作ります。
箱の底板を1・7セン間隔で木ねじでとめると、箱三つが完成します。
印を付けておいた位置に完成した箱を木工接着剤で付けて、下から木ねじでとめます。
一番上の屋根がのる部分に屋根下地材の横板を木ねじでとめます。
本体が完成したら、好みの色を塗ります。
屋根(ガルバリウム)をのせ、トタンくぎでとめたら完成です。
たくさんのグリーンを並べて楽しむのもよいでしょう。

手軽な小物の収納家具

机まわりやカウンターの上に置いても邪魔にならないようなサイズのミニ棚を手作りすれば、ちょっとした小物の収納家具になります。
材料は、厚さ1・8センチのパイン材と、3ミリのべニア、ちょうつがい2個、ネームノブ1個を使用します。
作り方は、側板(幅13センチ×長さ42センチを2枚)に棚板(幅13センチ×長さ26センチを3枚)を取り付ける位置(下から13センチのところに中段板、26センチのところに棚板)の印を付けます。
印を付けた側板に接着剤を付けて、底板、中段板(幅9センチ×長さ26センチを1枚)、天板の順に木ネジでとめます。
木ネジでとめたでき上がりの裏に、背板(3ミリのべニア幅29・6センチ×長さ42センチを1枚)を接着剤で付けてくぎどめします。
扉になる板は、両サイドおよび下の部分を、かんなまたはペーパーで面取りをします。
好みの色を塗ったら、ちょうつがいを使用し、扉の裏側から付けて本体に付けます。
取っ手の役割としてネームノブを付けたら「パタパタ扉のミニ棚」の完成です。
色を塗ってからペーパーで所々色を落としてみると、ちょっとアンティーク風になります。
お好みで扉の位置を変えるなど、デザインを変えてみてもステキです。

『家具』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/mvpfrolw/public_html/cortesdepelo2014.net/index.html on line 53

Favorite

契約の時にあらかじめ決められた年齢から毎年一定額の年金を受け取ることができます

個人年金保険ランキング

ワキガ(わきが)や多汗症対策で臭いの悩みを解決

わきが 対策

岐阜、愛知の注文住宅や一戸建て、デザイナーズハウスの設計

岐阜 注文住宅

上野駅から徒歩1分の脱毛からまつエク、ダイエット、痩身までおこなえるトータルエステサロン

エステサロン 上野

交通事故 弁護士

吉祥寺 ネイルサロン

宮城 ラーメン

中野と新井薬師の間にある雰囲気抜群のサロン

中野 美容院

2015/7/9 更新


Copyright (C) 2015「お部屋の主役達」All rights reserved.